生活

冠婚葬祭|故人を想い葬式(正確には葬儀式と言い…。

重要な方の危篤を看護婦から告示されたら、家族や自分が会いたがってる人間に、先ずはお知らせしてください。
死亡者の意思を受け慎ましく近親者のみで葬儀を執り行い済ませたところ葬儀告別式に参加出来なかった方達が、お参りしたいと頻繁に自宅へ、訪問するようになった。
葬儀にこだわりなんてと意外と思うかもしれないけどこれは葬儀を考えるときにどこにポイントを置くべきか、という意味だとおみます。
今までは墓地というものはどんよりとした感覚があったようですが、現在は公園墓園などといった明々な墓園が中心です。
今日日は斎場(公営・市営・民営とあります。公営斎場では東京は臨海斎場、大阪市では大阪市立北斎場や瓜破斎場が有名です。民営斎場では、町屋斎場や代々幡斎場などがあります)と呼ばれていますが旧来祭祀儀礼を行うスペースおよび、祭祀儀礼を行う建物全般を呼ぶ言い方であり、通夜・葬儀・告別式のみ執り行う施設で斎場(公営・市営・民営とあります。公営斎場では東京は臨海斎場、大阪市では大阪市立北斎場や瓜破斎場が有名です。民営斎場では、町屋斎場や代々幡斎場などがあります)と称して言うことが多いです。

お葬式(正確には葬儀式と言い、亡くなられた方の冥福を 祈り、別れを告げる儀式のことを言います。 葬儀も通夜の起源同様、お釈迦さまの両親 が亡くなった時と、お釈迦さまが亡くなられた時にさかのぼります。一般にお葬式で人々の会葬を受ける場は「葬儀・告別式」です。 これは本来は「葬儀(式 )」と「告別式」とが別個に行われていたのが、 一緒に行われるようになったためにできた 言葉です)や法要などでお礼を包みますが袱紗の包み方や席書きの書く方法など決まりごとはあると思いますか?
それでもなお弔辞を述べる本人にすると緊張すると言えますから式次第に組み込むのでしたら、早々に依頼して、承諾を得るように動きましょう。
仏の供養(供養とは、仏や菩薩、諸天などの相手に尊敬の念から香華(こうげ)、燈明、飲食(おんじき)などの供物を心から捧げることを言います。サンスクリット語が元になっているといわれ、「尊敬」を意味する言葉の訳と言われています)をやる残された人が失い消えてしまうとか関係者、の代理人になり、菩提寺の僧侶に連絡して、故人の命日に、決められた期間、供養(供養とは、仏や菩薩、諸天などの相手に尊敬の念から香華(こうげ)、燈明、飲食(おんじき)などの供物を心から捧げることを言います。サンスクリット語が元になっているといわれ、「尊敬」を意味する言葉の訳と言われています)やお参りをすること、が永代供養(供養とは、仏や菩薩、諸天などの相手に尊敬の念から香華(こうげ)、燈明、飲食(おんじき)などの供物を心から捧げることを言います。サンスクリット語が元になっているといわれ、「尊敬」を意味する言葉の訳と言われています)です。
故人を想い葬式(正確には葬儀式と言い、亡くなられた方の冥福を 祈り、別れを告げる儀式のことを言います。 葬儀も通夜の起源同様、お釈迦さまの両親 が亡くなった時と、お釈迦さまが亡くなられた時にさかのぼります。一般にお葬式で人々の会葬を受ける場は「葬儀・告別式」です。 これは本来は「葬儀(式 )」と「告別式」とが別個に行われていたのが、 一緒に行われるようになったためにできた 言葉です)の席が故人を横に置いての家族の醜い財産争いの場になり誰が一体故人を見送っているのだろうか、という疑問を感じたこと記憶している。
愚性が喪主となるのは父母の葬儀旦那の葬儀令息の葬儀ぐらいのもので、両親の葬儀も次男だからならないし、娘の葬儀式も先立つので喪主はしません。

家族葬(今では一般的になった家族葬ですが定義はありません。親しい人で大掛かりな葬儀をしないことというイメージです。最近では密葬と家族葬を同じイメージにされている人も多くいますが、密葬とは本来後に本葬もしくはお別れの会などを行うことをさします)には確かな概念はなく親族を集中的に、親しい方など故人と良いご縁の人が集結してさよならを言う少ない人数でのお葬式(正確には葬儀式と言い、亡くなられた方の冥福を 祈り、別れを告げる儀式のことを言います。 葬儀も通夜の起源同様、お釈迦さまの両親 が亡くなった時と、お釈迦さまが亡くなられた時にさかのぼります。一般にお葬式で人々の会葬を受ける場は「葬儀・告別式」です。 これは本来は「葬儀(式 )」と「告別式」とが別個に行われていたのが、 一緒に行われるようになったためにできた 言葉です)を指すことがだいたいのようです。
後飾りは葬儀を終え祭壇を終結した後に遺影写真・遺骨・位牌などを和室に安置してお祀りする祭壇を後飾り祭壇と言います。
現今では通夜式・告別式を遂行しない直に火葬して納骨を取り仕切る『直葬』を強行する喪家(そうけ・そうか・もけ、といいます。喪家とは、ご不幸のあった家を指す言葉です。喪中の家を関東では「葬家」を用いることも多く、喪家は関西地域を中心に使われる傾向があります)が増加しています。
お別れの瞬間はご一同様により棺の内部に花を添えて、家族とのラストのお別れを行ってもらい、火葬場へ出立します。
喪家(そうけ・そうか・もけ、といいます。喪家とは、ご不幸のあった家を指す言葉です。喪中の家を関東では「葬家」を用いることも多く、喪家は関西地域を中心に使われる傾向があります)という事はご不幸のあった家族を意味する言葉で喪中の家を関東では『葬家』という事も多く喪家(そうけ・そうか・もけ、といいます。喪家とは、ご不幸のあった家を指す言葉です。喪中の家を関東では「葬家」を用いることも多く、喪家は関西地域を中心に使われる傾向があります)は関西各地を主体として、使用される、ことがよくあるようです。

http://www.socalama.org/TOPへ

関連記事

  1. 今どきお寺は葬儀や法要でお経を読む人というイメージがありますが……
  2. 一日葬とは従来は前日に通夜式の法要を行い…。
  3. 葬儀の動きや行うべき点などは葬儀屋が案内してくれますしご家族の挨…
  4. 終の棲家で身内だけの法要をされる場合戒名ではなくお亡くなりになっ…
  5. 四十九日(満中陰法要ともいいます…。
  6. 大事な方が亡くなったことをきちんと受け入れ故人を祀り集まった親族…
  7. 冠婚葬祭|関係のある住職が認識がない…。
  8. これまではお通夜は故人と仲の良い人が夜中死者の傍にいてことが習慣…

カテゴリー

PAGE TOP