生活

冠婚葬祭|祭祀や法事などでお礼を包みますが布施の包み方や表書きの書く手順など基本はありますか…。

後飾りは葬儀を終え葬儀の祭壇を片付けた後に遺影写真・遺骨・位牌と呼ばれるものを四十九日(満中陰法要ともいいます。故人が亡くなって49日目には四十九日法要を行います。この法要は、式場の手配や本位牌の用意など事前に準備しておくことが多く、スケジュールをしっかりと把握しておく必要があります)の法事まで自宅に安置してお参りする祭壇を後飾りと呼びます。
普遍的に僕らは『法事』といわれていますが、杓子定規に言うと、坊主に仏典を読んでもらうところを「法要」と言うのであり、法要と宴会の席も含んだ催事を『法事』と言われています。
葬儀の動きや執り行うべき部分は葬儀会社が指示してくれますしご家族のお礼文も定型文が準備されていますので、そして少し家族のエピソードなどを加えて話をすれば良いといわれています。
今頃はお通夜・告別式を実施しないダイレクトに火葬して納骨を実施する『直葬』を施すご家族が増加しています。
ただし今日この頃は火葬のみとか家族葬(今では一般的になった家族葬ですが定義はありません。親しい人で大掛かりな葬儀をしないことというイメージです。最近では密葬と家族葬を同じイメージにされている人も多くいますが、密葬とは本来後に本葬もしくはお別れの会などを行うことをさします)を選択する遺族も増える一方ですので最後の刻は一番大事な場所でと、自宅でと思う方も増えています。

形見コーナーに出向いた参列者の面々がご主人の○○さんはお酒好きでたらふくご馳走になりました、と申されていて、奥様は驚きました。
祭祀や法事などでお礼を包みますが布施の包み方や表書きの書く手順など基本はありますか?
一般的に葬儀会場一つのことに関しても大手ホテルの会場がいいという要望もあれば、寺院の壮大な雰囲気の中で、お別れしたいという方もおられるようです。
通夜は一昔前は家族や近親者が一晩の間死者に寄り添うものが当たり前だったが、現今では宵の口に終わる半通夜が一般です。
一日葬(ワンデーセレモニー)とは本来は前夜に通夜式の法要を行い、翌日に葬儀と二日またいで実施されるお葬式(正確には葬儀式と言い、亡くなられた方の冥福を 祈り、別れを告げる儀式のことを言います。 葬儀も通夜の起源同様、お釈迦さまの両親 が亡くなった時と、お釈迦さまが亡くなられた時にさかのぼります。一般にお葬式で人々の会葬を受ける場は「葬儀・告別式」です。 これは本来は「葬儀(式 )」と「告別式」とが別個に行われていたのが、 一緒に行われるようになったためにできた 言葉です)を、お通夜(通夜式ともいいます。近親者だけで仮通夜として過ごし、翌日に弔問客を受ける本通夜を行う場合もあります)とは元来は前夜に通夜の法要を執り行い、翌日にお葬式(正確には葬儀式と言い、亡くなられた方の冥福を 祈り、別れを告げる儀式のことを言います。 葬儀も通夜の起源同様、お釈迦さまの両親 が亡くなった時と、お釈迦さまが亡くなられた時にさかのぼります。一般にお葬式で人々の会葬を受ける場は「葬儀・告別式」です。 これは本来は「葬儀(式 )」と「告別式」とが別個に行われていたのが、 一緒に行われるようになったためにできた 言葉です)と二日またいで実施されるお葬式(正確には葬儀式と言い、亡くなられた方の冥福を 祈り、別れを告げる儀式のことを言います。 葬儀も通夜の起源同様、お釈迦さまの両親 が亡くなった時と、お釈迦さまが亡くなられた時にさかのぼります。一般にお葬式で人々の会葬を受ける場は「葬儀・告別式」です。 これは本来は「葬儀(式 )」と「告別式」とが別個に行われていたのが、 一緒に行われるようになったためにできた 言葉です)を、通夜なしで一日で完工する葬儀式の形です。

自分のことだけ思って苦しみごとや悩み多い人生を苦しみや悩みとも認識せずに生活するという実態から、このような困惑に、負けないという意味に、多々見られます。
以前は墓石とされるものは陰鬱な概念がしてた感じですが、最近は公園墓園みたいな明々なお墓が本筋です。
仏事と言う大典を執り行うことで現実を受け入れつらい現実を受け入れ、気持ちを切り替え新しい生活への、糸口となります。
昭和初期から使用していた仏壇には損傷や汚れの付着木地の傷み金具の破損、彫刻の欠け金箔のめくれ、等により、外観が低下します。
そのうえお墓の形態も最近は多種多様で一昔前では形がだいたい決まってましたがこの頃では洋風の、お墓が多くなってきていますし、縛られない形にする家族も、増加中です。

http://www.socalama.org/TOPへ

関連記事

  1. 最近では斎場(公営・市営・民営とあります…。
  2. であるとしても弔辞を述べる本人にするとナーバスになるものですから…
  3. これまではお通夜は故人と仲の良い人が夜中死者の傍にいてことが習慣…
  4. 仏像や仏師にわたる多種多様なデータが記載されており仏像の印象仏像…
  5. 葬儀を事前準備する人は遺族の代表者…。
  6. 祭事は何べんも体験するわけじゃありませんので…。
  7. 融通念仏宗のお寺などにお詣りしたことのある人なら周知だと思ってい…
  8. 対象者・ご家族・勤め先ご近所づきあい・友人・趣味の付き合いをこま…

カテゴリー

PAGE TOP