生活

冠婚葬祭|関わりのある寺院が不明…。

現代では斎場(公営・市営・民営とあります。公営斎場では東京は臨海斎場、大阪市では大阪市立北斎場や瓜破斎場が有名です。民営斎場では、町屋斎場や代々幡斎場などがあります)と言われていますが古来祭祀儀礼を執り行うスペースおよび、祭祀儀礼を履行する施設全般を指す言い方であり、通夜葬儀のみ行う建物で斎場(公営・市営・民営とあります。公営斎場では東京は臨海斎場、大阪市では大阪市立北斎場や瓜破斎場が有名です。民営斎場では、町屋斎場や代々幡斎場などがあります)と呼ぶ事が多いみたいです。
昔は通夜に喪家(そうけ・そうか・もけ、といいます。喪家とは、ご不幸のあった家を指す言葉です。喪中の家を関東では「葬家」を用いることも多く、喪家は関西地域を中心に使われる傾向があります)の儀礼はありませんでしたが、近頃は通夜に列席者が多くなり、謝辞を述べる方も増えました。
仏事は度々進行することじゃありませんので、知っている葬儀屋がが少なくて病院から教えられた葬儀屋にお願いする事が多くあります。
後飾りは葬儀が終了して白木祭壇をしまった後に遺影・遺骨・位牌と考えられるものを四十九日(満中陰法要ともいいます。故人が亡くなって49日目には四十九日法要を行います。この法要は、式場の手配や本位牌の用意など事前に準備しておくことが多く、スケジュールをしっかりと把握しておく必要があります)の法事まで自宅に安置してお参りする祭壇を後飾りと呼びます。
形見コーナーに立ち寄った列席者の面々が酒好きな○○さんはたらふく飲んでいたなぁ、と申されていて、ご遺族(【遺族】 の意味 死んだ人のあとに残された家族・親族。 恩給法では、死亡者と生計を共にしていた配偶者・子・父母・祖父母および兄弟姉妹、労働基準法では、死亡した労働者の死亡当時、その収入によって生計を維持していた者(内縁を含む配偶者・子・父母・孫・祖父母)その他をいう。)はビックリされていた。

多数の宗教者の力を活かし母は救われると言われ供養(供養とは、仏や菩薩、諸天などの相手に尊敬の念から香華(こうげ)、燈明、飲食(おんじき)などの供物を心から捧げることを言います。サンスクリット語が元になっているといわれ、「尊敬」を意味する言葉の訳と言われています)を行ったら母は餓鬼の不安から逃避でき、それがお盆の起源だと言われています。
今では宗教者などは葬儀式や法要で読経する人という概念がありますが、古来から僧侶とは釈迦の言葉や、仏教などを間違いなく理解しやすく、知らせるのが役割なのです。
葬儀は各プランによってコストやスペックが全然違ってしまうだけに事前に名古屋の、葬儀の概要を知っていれば、失敗と感じない、葬式(正確には葬儀式と言い、亡くなられた方の冥福を 祈り、別れを告げる儀式のことを言います。 葬儀も通夜の起源同様、お釈迦さまの両親 が亡くなった時と、お釈迦さまが亡くなられた時にさかのぼります。一般にお葬式で人々の会葬を受ける場は「葬儀・告別式」です。 これは本来は「葬儀(式 )」と「告別式」とが別個に行われていたのが、 一緒に行われるようになったためにできた 言葉です)を執り行えます。
聖人の教えをまとめて日頃の難問を捌いたり、幸せを願って祈る、または、仏様を通して代々の供養(供養とは、仏や菩薩、諸天などの相手に尊敬の念から香華(こうげ)、燈明、飲食(おんじき)などの供物を心から捧げることを言います。サンスクリット語が元になっているといわれ、「尊敬」を意味する言葉の訳と言われています)をするのが仏壇の価値と思います。
どんなに周囲の人から聞いたような本に記されているみたいなここが良いとされる位置にしてもいつもお参りできない手を合わせられない、といった位置では、無意味なのです無意味だと考えられます。

ご一家と一部の限られた皆さんのみをお招きして、お別れが出来る、葬儀告別式を、「家族葬(今では一般的になった家族葬ですが定義はありません。親しい人で大掛かりな葬儀をしないことというイメージです。最近では密葬と家族葬を同じイメージにされている人も多くいますが、密葬とは本来後に本葬もしくはお別れの会などを行うことをさします)」というようになり、現在では、根付いて、いらしたそうです。
某らしい最期を迎えるため母が健康を損ねたり出来事で病気や障害で宣言出来なくなっても旅立ちまで私の人情をリスペクトした治療を施します。
無宗教のお別れの儀は縛りがないのに反しそれなりの台本を制定する、事象もあり、ご期待や想いをもとに、お別れの会を作り上げる、進行が一般的です。
居住空間で内輪だけの法事をされるケースだと戒名でなく亡くなられた方の名称のほうが胸に残るのであればそれはそれで悪くないのでは、無いだろうと思います。
関わりのある寺院が不明、自分達の家の宗旨宗派が見当もつかない方は、第一は実家や本家に問い合わせてみましょう

http://www.socalama.org/TOPへ

関連記事

  1. 後飾りは葬儀が終了して白木祭壇を片付け遺影・ご遺骨・位牌などを法…
  2. 冠婚葬祭|故人を想い葬式(正確には葬儀式と言い…。
  3. 無宗教のお別れの儀は縛りがないのに反しそれなりのあらすじを策定す…
  4. 冠婚葬祭|自分のことだけをベースに苦しみばかりの暮らしを苦しみと…
  5. 一時は墓園というと哀れな概念があるといわれていますが…。
  6. 冠婚葬祭|昨今僧侶は葬儀や法事で読経する人という感じがしますが……
  7. 奮って執筆した遺言ノートも実在を家族が知らなければ価値はないので…
  8. 仏像や仏師にわたる膨大な見識が書かれており仏像の理解の仕方仏像の…

カテゴリー

PAGE TOP