生活

本人の葬式(正確には葬儀式と言い…。

元々親族の人で行動することが普遍的だった通俗的だった遺品処理ですが、忙しかったり、遺品整理する土地が遠方だったり、近親者では行えないのが問題です。
今日日は先生などは葬儀や法事で読経する人という意識がありますが、元来僧侶とは釈迦の言葉や、仏教などを正確にわかるように、伝達するのが役割なのです。
先頃は通夜・告別式をしないで直に火葬して納骨を施行する『直葬』を実施するご家族が増えているそうです。
この他斎場(公営・市営・民営とあります。公営斎場では東京は臨海斎場、大阪市では大阪市立北斎場や瓜破斎場が有名です。民営斎場では、町屋斎場や代々幡斎場などがあります)へ泊まることが困難なとき、遠隔地からの列席者のホテルの予約をとったり、レンタル衣装や着付けなど、葬儀では数々の突発的な問題が起きます。
だいたい病院で亡くなった場合数時間のうちに葬儀社(葬儀社とは、葬儀に必要な支度を調達し、葬儀を執り行う役割を請け負う仕事を行う会社です。また、葬儀を行う仕事やそれに就業する人のことを指します。葬儀や葬祭を執り行う際には、公的な資格や免許はありません。誰でも葬儀社を始めることができます)を選定しそれに加えて当日中に2~3か月分の給料と同額の、買い物をしないとなりません。

昔からおまつりされていた仏壇には損傷や汚れの付着木地の反り金具の損傷、彫刻の損傷金箔の擦れキズ、等によって、印象が悪くなります。
本人の葬式(正確には葬儀式と言い、亡くなられた方の冥福を 祈り、別れを告げる儀式のことを言います。 葬儀も通夜の起源同様、お釈迦さまの両親 が亡くなった時と、お釈迦さまが亡くなられた時にさかのぼります。一般にお葬式で人々の会葬を受ける場は「葬儀・告別式」です。 これは本来は「葬儀(式 )」と「告別式」とが別個に行われていたのが、 一緒に行われるようになったためにできた 言葉です)や葬送の方式について生前から決めておく事を願い進める方ご家族と談合したりエンディングノートと言われるものに書き残す人もいるようです。
葬儀と告別式とは本来分けて考えるもので仏教の考えのお葬式(正確には葬儀式と言い、亡くなられた方の冥福を 祈り、別れを告げる儀式のことを言います。 葬儀も通夜の起源同様、お釈迦さまの両親 が亡くなった時と、お釈迦さまが亡くなられた時にさかのぼります。一般にお葬式で人々の会葬を受ける場は「葬儀・告別式」です。 これは本来は「葬儀(式 )」と「告別式」とが別個に行われていたのが、 一緒に行われるようになったためにできた 言葉です)では第一に宗教者による読経などがされた上で、その次に告別式、主にご家族ご親族が故人をお見送りする会が、行われています。
通夜式と言うセレモニーを執り行うことで身近な人がいなくなるという現状を受け入れて、自分の中でけじめをつけて新しい生活を、きっかけとなります。
後飾り祭壇は葬式(正確には葬儀式と言い、亡くなられた方の冥福を 祈り、別れを告げる儀式のことを言います。 葬儀も通夜の起源同様、お釈迦さまの両親 が亡くなった時と、お釈迦さまが亡くなられた時にさかのぼります。一般にお葬式で人々の会葬を受ける場は「葬儀・告別式」です。 これは本来は「葬儀(式 )」と「告別式」とが別個に行われていたのが、 一緒に行われるようになったためにできた 言葉です)を終え祭壇をしまった後に遺影写真・遺骨・位牌などを法事まで自宅に安置してお祀りする祭壇を後飾り祭壇と言います。

しかし今の時代は火葬のみの方や家族葬(今では一般的になった家族葬ですが定義はありません。親しい人で大掛かりな葬儀をしないことというイメージです。最近では密葬と家族葬を同じイメージにされている人も多くいますが、密葬とは本来後に本葬もしくはお別れの会などを行うことをさします)を希望する方が増加してきましたので最後の時は一番好きな場所でと、自宅でと希望する方も増えてきています。
重要な家族の危篤を病院の人から伝えられたら、家族や自分が会いたいと願っている人に、他を差し置いてお知らせをしておきましょう。
死者を愁傷しお見送りの席が死者を隣に置いての家族の醜い争いの場になり弔っているのはいったい誰なのだろうか、ということを感じたのを記憶している。
葬儀を着々と行うためにはご質問がありましたら大事になりますので聞いても大丈夫と思われることでも、聞いてください。
法要列席の方々に気持ちを浄めお釈迦様の御前に仏になられた往生人をお迎えし、更に言葉を交わして、お祈りをするものだと思っています。

http://www.socalama.org/TOPへ

関連記事

  1. 一家代表は葬儀の実務的なところでの窓口となり大きな役割分担はご参…
  2. 冠婚葬祭|家族葬(今では一般的になった家族葬ですが定義はありませ…
  3. 若いころ母上を死なれたので法要には無知で…。
  4. 元を正せば仏様に付加される呼び名ではなく…。
  5. 亡くなった人を弔い葬り去る席が死者を隣にして醜い財産争いを繰り広…
  6. 本人の葬儀や葬送の手法について生前から決めておく事を願う方旦那様…
  7. 故人を弔い葬儀の席が故人を傍に財産を奪い合う醜い家族の戦いの場に…
  8. 一日葬とは従来は前日に通夜式の法要を行い…。

カテゴリー

PAGE TOP