生活

納骨堂は関東各地にあり駅からも近くて手を合わせるのに便利なお寺や都心から距離を置いた…。

喪家(そうけ・そうか・もけ、といいます。喪家とは、ご不幸のあった家を指す言葉です。喪中の家を関東では「葬家」を用いることも多く、喪家は関西地域を中心に使われる傾向があります)と言う意味はご不幸のあった家の人達を意味する言葉で喪中の家を東日本では『葬家』を用いることも多く喪家(そうけ・そうか・もけ、といいます。喪家とは、ご不幸のあった家を指す言葉です。喪中の家を関東では「葬家」を用いることも多く、喪家は関西地域を中心に使われる傾向があります)は関西エリアを主体として、取り入られる、ことが大概です。
ご自宅で内輪だけの法事をされる場合戒名ではなく故人の名称のほうが心に残るのであればそれでもかまわないのでは、無いのではないかと思います。
近頃は通夜・告別式をかからない直で火葬場で仏を納骨を取り仕切る『直葬』を執り行う親族が増加しています。
先祖代々に関するお参りなので家族でやった方が、良いに決まってますが、色々な事情で、できないケースには、お寺に連絡を入れ、卒塔婆を立てる供養(供養とは、仏や菩薩、諸天などの相手に尊敬の念から香華(こうげ)、燈明、飲食(おんじき)などの供物を心から捧げることを言います。サンスクリット語が元になっているといわれ、「尊敬」を意味する言葉の訳と言われています)に限定して、委託する事もあります。
納骨堂は関東各地にあり駅からも近くて手を合わせるのに便利なお寺や都心から距離を置いた、静寂な寺まで、選択肢はたくさんあります。

家族葬(今では一般的になった家族葬ですが定義はありません。親しい人で大掛かりな葬儀をしないことというイメージです。最近では密葬と家族葬を同じイメージにされている人も多くいますが、密葬とは本来後に本葬もしくはお別れの会などを行うことをさします)には確かな通念はなく家族を重点的に、友人など故人と結びつきのある人が集結して見送る少数でのお葬式(正確には葬儀式と言い、亡くなられた方の冥福を 祈り、別れを告げる儀式のことを言います。 葬儀も通夜の起源同様、お釈迦さまの両親 が亡くなった時と、お釈迦さまが亡くなられた時にさかのぼります。一般にお葬式で人々の会葬を受ける場は「葬儀・告別式」です。 これは本来は「葬儀(式 )」と「告別式」とが別個に行われていたのが、 一緒に行われるようになったためにできた 言葉です)を指して言うことがだいたいです。
尚且つ葬儀会館への宿泊が遣り辛いとき、現地からの参列者の宿の準備をしたり、衣装や美容院など、葬儀では数々の突然の争議が起きます。
関係のある僧がわからない、当人の主家の宗旨宗派が覚えていない方は手始めに親類や従妹に伺うといいですよ。
葬儀にこだわりといったような驚きだと思うかもしれないけれどこれはお葬式(正確には葬儀式と言い、亡くなられた方の冥福を 祈り、別れを告げる儀式のことを言います。 葬儀も通夜の起源同様、お釈迦さまの両親 が亡くなった時と、お釈迦さまが亡くなられた時にさかのぼります。一般にお葬式で人々の会葬を受ける場は「葬儀・告別式」です。 これは本来は「葬儀(式 )」と「告別式」とが別個に行われていたのが、 一緒に行われるようになったためにできた 言葉です)を想像したときにどこにポイントを置くべきか、という意味です。
ご自身の葬儀や葬送の進行について今のうちに決めておく事を望む方奥様と話し合ったりエンディングノートと言われるものに書き残す人もいるようです。

ほとんどの家族は葬儀を出した事例がないのでいったいどれ位のお金が必要?業者に聞く前に世間の相場を把握しておきたい、と気にかかるようです。
これまでは通夜は故人の近い関係の人が終夜仏の横で見取るというのが習慣でしたが、現代は訪問者をお迎えして通夜を施工し、数時間以内に完結するのが普通です。
葬儀セミナーや終活座談会や家族葬(今では一般的になった家族葬ですが定義はありません。親しい人で大掛かりな葬儀をしないことというイメージです。最近では密葬と家族葬を同じイメージにされている人も多くいますが、密葬とは本来後に本葬もしくはお別れの会などを行うことをさします)ホール見学会などをしていますので、何よりもそれらに参加してみることをアドバイスしております。
元来お通夜に遺族の口上はなかったですが、幾年ではお通夜に列席者が増加しており、口上を言われる方も増加中です。
祭祀儀礼は如何程も実行することだとはないので、知っている葬儀業者がが少なくて病院が示してくれた葬儀社(葬儀社とは、葬儀に必要な支度を調達し、葬儀を執り行う役割を請け負う仕事を行う会社です。また、葬儀を行う仕事やそれに就業する人のことを指します。葬儀や葬祭を執り行う際には、公的な資格や免許はありません。誰でも葬儀社を始めることができます)に手配する事がよくあります。

http://www.socalama.org/TOPへ

関連記事

  1. ここ数年墓石の製造工程の大幅な変化により形状の柔軟性が…。
  2. 病院で逝去された場合霊安室からいち早く退去する事を求められる状況…
  3. 満中陰の忌明けまで用いることが自然おいてお通夜とか葬儀告別式に列…
  4. 葬儀を事前準備する人は遺族の大代表…。
  5. 一家代表は葬儀の実務的なところでの窓口となり大きな役割分担はご参…
  6. 大切だった人が亡くなってしまったことを重要な現実として受け止め亡…
  7. 通常なら命を失った人に贈られる呼び名ではなく…。
  8. 家内の老母は時宗でお位牌を手元に置くのですが…。

カテゴリー

PAGE TOP