生活

通夜は本当は家族や近親者が夜が明けるまで亡くなった人にお供するものでしたが…。

多数の宗教者の力を活かし母親の救いだと理解していてお参りしたところ母は餓鬼の不安から逃避でき、これがお盆だと考えられています。
追悼スペースに覗いていった列席者の方たちが酒好きな○○さんは一杯飲んでいたなぁ、と話をされていて、ご家族は驚きました。
死没者の気持ちを受け身内だけで葬式(正確には葬儀式と言い、亡くなられた方の冥福を 祈り、別れを告げる儀式のことを言います。 葬儀も通夜の起源同様、お釈迦さまの両親 が亡くなった時と、お釈迦さまが亡くなられた時にさかのぼります。一般にお葬式で人々の会葬を受ける場は「葬儀・告別式」です。 これは本来は「葬儀(式 )」と「告別式」とが別個に行われていたのが、 一緒に行われるようになったためにできた 言葉です)をし終えたところ葬儀式に参加出来なかった方々が、手を合わせたいとちょくちょく自宅へ、訪問してくださいます。
静かでコンパクトな葬儀を考えていながら大きな祭壇や派手な演出を提案されるケースは、葬儀社(葬儀社とは、葬儀に必要な支度を調達し、葬儀を執り行う役割を請け負う仕事を行う会社です。また、葬儀を行う仕事やそれに就業する人のことを指します。葬儀や葬祭を執り行う際には、公的な資格や免許はありません。誰でも葬儀社を始めることができます)の考え方針が、そぐわないということです。
葬儀にこだわりなんてと驚きだと思うかもしれませんがこれは葬儀を考えるときに何に関心を持つべきか、という意味です。

四十九日(満中陰法要ともいいます。故人が亡くなって49日目には四十九日法要を行います。この法要は、式場の手配や本位牌の用意など事前に準備しておくことが多く、スケジュールをしっかりと把握しておく必要があります)の忌明けまで役立てることが普通でお通夜または葬儀式に列席出来なかった人達が、弔問に訪問した場合に、後飾りでお線香をあげていただきます。
葬儀の式場から弔辞を依頼した方に差し迫るまで、要望があれば極小のことまで書くことが出来るのがエンディングノートの良いところです。
後飾り壇は葬式(正確には葬儀式と言い、亡くなられた方の冥福を 祈り、別れを告げる儀式のことを言います。 葬儀も通夜の起源同様、お釈迦さまの両親 が亡くなった時と、お釈迦さまが亡くなられた時にさかのぼります。一般にお葬式で人々の会葬を受ける場は「葬儀・告別式」です。 これは本来は「葬儀(式 )」と「告別式」とが別個に行われていたのが、 一緒に行われるようになったためにできた 言葉です)を終え葬儀の祭壇を片付けた後にこれらの遺影・遺骨・位牌などを四十九日(満中陰法要ともいいます。故人が亡くなって49日目には四十九日法要を行います。この法要は、式場の手配や本位牌の用意など事前に準備しておくことが多く、スケジュールをしっかりと把握しておく必要があります)の法事まで自宅に安置してお参りする祭壇を後飾りと呼びます。
病院で亡くなったケースだと2~3時間で葬儀社(葬儀社とは、葬儀に必要な支度を調達し、葬儀を執り行う役割を請け負う仕事を行う会社です。また、葬儀を行う仕事やそれに就業する人のことを指します。葬儀や葬祭を執り行う際には、公的な資格や免許はありません。誰でも葬儀社を始めることができます)を探しそれからその日のうちに数か月分の収入額と同じ、購入をしなければなりません。
往生者は釣りが趣味だというご主人の話を聞いていたことによって釣りが趣味の旦那さまのために釣りをイメージした祭壇を、御提唱させていただきました。

葬儀式はお寺の僧侶が授戒(仏門に入る方に戒律を授ける)と引導(彼岸に導くこと)を行う儀式で、原則的には家族のみが参加していました。
遺族代表は通夜・葬儀・告別式の実際の部分の代表となり大きな役割分担はご列席者いただいた人への挨拶、などが考えられます。
一般人は小生は『法事』と言いますが、厳格に言うと、先生に読経を読みいただくことを「法要」と言うので、法事と宴席も含んだイベントを『法事』と言うそうです。
普通であれば死亡した人に付加される呼び方とは違い、仏道修行で切磋琢磨した、出家者に渡されるものでしたが、最近は、不変の儀式などを、受けた一般の人にも、伝授されることになっています。
通夜は本当は家族や近親者が夜が明けるまで亡くなった人にお供するものでしたが、今では夜更け前に終わる半通夜がジェネラルです。

http://www.socalama.org/TOPへ

関連記事

  1. 死没者の居住空間のまとめハウスクリーニング…。
  2. 終活と言われるのは残りの暮らしを『どんな感じに旅たちたいか』と言…
  3. 冠婚葬祭|過去は近しい人で強行することが普遍的だった通俗的だった…
  4. 仏事や祭事から色んな進行暮らしに影響を及ぼすサポートなど何から何…
  5. この数年で墓石の製造工程の大幅な改良により設計の自由度が…。
  6. 重要な家族のご危篤をお医者さんから報告されて…。
  7. 亡母に資産があり得ないから財産贈与は関係ない…。
  8. 大切だった人が亡くなってしまったことを重要な現実として受け止め亡…

カテゴリー

PAGE TOP