生活

通常なら命を失った人に贈られる呼び名ではなく…。

後飾り祭壇はお葬式(正確には葬儀式と言い、亡くなられた方の冥福を 祈り、別れを告げる儀式のことを言います。 葬儀も通夜の起源同様、お釈迦さまの両親 が亡くなった時と、お釈迦さまが亡くなられた時にさかのぼります。一般にお葬式で人々の会葬を受ける場は「葬儀・告別式」です。 これは本来は「葬儀(式 )」と「告別式」とが別個に行われていたのが、 一緒に行われるようになったためにできた 言葉です)が終わって葬儀の祭壇を片付けた後に遺影写真・ご遺骨・ご位牌などを自宅で法要まで安置してお祀りする祭壇を後飾り祭壇と言います。
過去は親族の手で仕切ることがポピュラーだった一般だった遺品整理ですが、バタバタしたり、遺品整理する家が辺ぴだったり、遺族の力では賄えないのが現状です。
ポピュラーに僕らは『法事』と言いますが、シビアに言うと、住職に仏典を読んでもらうことを「法要」と言うのであり、法事とその後の食事も含んだ祭事を『法事』と呼びます。
長い月日おまつりされていた仏壇には損傷や汚れの付着木地の傷み金具の錆、彫刻の破損金箔のはがれ、など、見た目が低下します。
天台宗のお寺などにお詣りしたことがある人ならば知っていると言われていますが、本堂に足を入れると、奥の如来を配置している壇や寺僧が奉拝するための壇があるのです。

お仏壇(仏壇には二つの意味があります。ひとつ目は「仏様をお祀りする家の小さなお寺」、ふたつ目は「ご先祖様のお家」ということです。日本では、仏教が伝わる(※)より以前から、家の「魂棚」という棚でご先祖様の霊をお祀りする祖霊信仰をしていました。仏教が日本の祖霊信仰と融合して、後に仏壇で両方を祀るようになりました)とはその名前の通り仏様簡単にいうと如来様をお参りする壇の事を言いそれに加え近頃では、亡くなった身内や、ご先祖を祀るところという思いが、普通になりつつあります。
通常なら命を失った人に贈られる呼び名ではなく、仏道修行で修練した、出家者に与えられるものでしたが、最近は、変わる事が無い儀式などを、参加した一般の人にも、伝授されることになっているようです。
葬儀屋ってのは葬儀に不可欠な支度を入手し葬儀を実施する役割を、背負う仕事を行う組織で、葬式(正確には葬儀式と言い、亡くなられた方の冥福を 祈り、別れを告げる儀式のことを言います。 葬儀も通夜の起源同様、お釈迦さまの両親 が亡くなった時と、お釈迦さまが亡くなられた時にさかのぼります。一般にお葬式で人々の会葬を受ける場は「葬儀・告別式」です。 これは本来は「葬儀(式 )」と「告別式」とが別個に行われていたのが、 一緒に行われるようになったためにできた 言葉です)を行う商売や、その事に就業する人達の事を指します。
リアルな骨格がない『家族葬(今では一般的になった家族葬ですが定義はありません。親しい人で大掛かりな葬儀をしないことというイメージです。最近では密葬と家族葬を同じイメージにされている人も多くいますが、密葬とは本来後に本葬もしくはお別れの会などを行うことをさします)』という名詞ですが、中心的に家族や友人、親しい方をメインとした少数での葬儀の呼び名として使っています。
今では斎場(公営・市営・民営とあります。公営斎場では東京は臨海斎場、大阪市では大阪市立北斎場や瓜破斎場が有名です。民営斎場では、町屋斎場や代々幡斎場などがあります)と言っていますが本当は祭祀儀礼を執り行うスペースおよび、祭祀儀礼を営む施設全般を呼ぶ言い方であり、通夜・葬儀・告別式のみ行う建物で斎場(公営・市営・民営とあります。公営斎場では東京は臨海斎場、大阪市では大阪市立北斎場や瓜破斎場が有名です。民営斎場では、町屋斎場や代々幡斎場などがあります)と言っています。

亡くなった人の気持ちを受け身内だけで葬儀を終わらせたところお通夜から葬儀にかけて参列出来なかった方々が、お参りさせてくださいと自宅へ、訪れてくれます。
記念スペースにお邪魔した訪問者の方たちが○○さんは酒好きで十分飲んでいたなぁ、と語られていて、奥様は驚きました。
自分の葬式(正確には葬儀式と言い、亡くなられた方の冥福を 祈り、別れを告げる儀式のことを言います。 葬儀も通夜の起源同様、お釈迦さまの両親 が亡くなった時と、お釈迦さまが亡くなられた時にさかのぼります。一般にお葬式で人々の会葬を受ける場は「葬儀・告別式」です。 これは本来は「葬儀(式 )」と「告別式」とが別個に行われていたのが、 一緒に行われるようになったためにできた 言葉です)や葬送の手法について生前に段取りしておく事を望む方家族と相談したりエンディングノートと言われるものに書き残す人もいるようです。
別れの刻ではみんなにより棺の周りにお花などを供えて、死者との最終の別れをしてもらい、火葬場へ出かけます。
通夜はその昔は一家が夜が明けるまで故人にお供するものだったが、今では夜更け前に終了する半通夜が普遍的です。

http://www.socalama.org/TOPへ

関連記事

  1. 絶大な祭壇たくさんの坊主たくさんの会葬者を集めた葬式(正確には葬…
  2. 最近僧侶などは葬儀式や法要で読経する人という概念がありますが…。…
  3. 火葬に相当する職業は古い時代から坊主が人々の中に入り込み路肩に捨…
  4. 仏の考えを尊重し身内だけで葬儀を終わらせたところお通夜・葬儀告別…
  5. 冠婚葬祭|仮に他人から耳にしたような書物に書いてあるみたいなここ…
  6. 冠婚葬祭|関わりのある寺院が不明…。
  7. 病院で逝去された場合霊安室からいち早く退去する事を求められる状況…
  8. 仏像や仏師にわたる膨大な見識が書かれており仏像の理解の仕方仏像の…

カテゴリー

PAGE TOP